M字ハゲ、薄毛、抜け毛に悩む方に最適な育毛剤、育毛対策を解説。悩み別の比較や売れ筋のM字ハゲに効く育毛剤の効果、成分、価格などについても紹介します。

M字ハゲ育毛剤の種類はかなり増え、どれを選んだらいいかわからない程です。売れ筋、口コミで人気の育毛剤を実際に体験し、継続し使用した結果おすすめできる育毛剤を紹介。価格、成分、効果などを徹底比較しました。


M字ハゲ育毛剤選びのポイント

薄毛の原因を取り除く事がポイント!

M字脱毛の原因には「男性ホルモン」、「血行不良」、「毛穴づまり」などがあります。薄毛対策としては日々の生活習慣の改善をしながら育毛剤を使用します。

薄毛の原因で特に多いのが「男性ホルモン」です。男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」の影響を受け、活性型男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTの影響で毛乳頭内に退行誘導因子が生成され、髪の毛は抜けやすくなります。

男性ホルモンによる薄毛の原因を取り除くには、DHTを生み出す特殊酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害する必要があります。育毛剤に含まれる「オウゴンエキス」や「ヒオウギエキス」には5αリダクターゼを阻害する働きがあります。他に「ノコギリヤシ」を配合したサプリメントなどもM字ハゲ対策には有効です。

チャップアップ
価格:9,090円~ 30日間返金保証
育毛剤とサプリで体の内と外の両方から育毛にアプローチ。血流改善作用のある生薬や植物エキスを配合した育毛剤と、ノコギリヤシや亜鉛、マカなどを配合したサプリがセット。
ブブカ
価格:12,600円 30日間返金保証
血行促進、細胞活性化作用のある育毛剤と、脱毛因子を抑制するノコギリヤシ、亜鉛を含んだサプリのセット。
プランテル
価格:7,800円 30日間返金保証
抜け毛の原因となる特殊酵素の働きを抑制する成分を配合。血行促進作用、消炎作用で育毛をサポート。
ポリピュアEX
7,800円 送料650円
バイオポリリン酸が毛乳頭内で発毛促進タンパク質を安定化。その結果、毛母細胞も活性化して育毛促進。
M-1育毛ミスト
9,800円 送料無料
酵母エキスが毛乳頭細胞の働きを活性化して育毛をサポート。アルコールや香料などは無添加だから刺激なし。
M字ハゲ抑制におすすめはコレ!
血流改善成分など約30種類の有用成分配合
ノコギリヤシ、亜鉛などのサプリ配合
30日間返金保証付き
チャップアップは育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血行促進作用のあるセンブリ、ニンニクエキスをはじめ、細胞活性化作用のある海藻エキス、アミノ酸、頭皮環境を改善する植物エキスをたっぷり配合。
サプリメントには男性ホルモンによる抜け毛を抑制するノコギリヤシをはじめ、タンパク質の合成をサポートする亜鉛、炎症を抑制するフィーバーフューなどを配合。体の外と内から育毛をサポートします。

症状別で選ぶ育毛剤

頭頂部の薄毛

頭頂部の薄毛は男性ホルモン、血行不良が原因です。DHTを抑制しつつ、血流量を増やして毛母細胞の活性化するのがポイント。
詳しい情報はコチラ

前頭部の薄毛

前頭部の薄毛は男性ホルモンが変化したDHTが原因です。前頭部の薄毛はどんどん進行するので、早めの対応が必要です。
詳しい情報はコチラ

炎症型脱毛

皮脂の過剰分泌によってカユミ、フケが出ます。炎症、かぶれで毛穴づまり、変形などによって髪が抜けやすくなります。
詳しい情報はコチラ

細毛

細毛は髪の毛に十分栄養が届いてない可能性があります。血流を改善し、毛母細胞を活性化することがポイントです。
詳しい情報はコチラ

育毛分野で注目は成長因子

薄毛、育毛分野で注目されているのが成長因子です。成長因子とはサイトカイン、ペプチドなどと呼ばれる成分です。主に、AGAメソセラピーやHARG療法と呼ばれる薄毛治療で使用されています。



独自の育毛促進カクテルを頭皮から注入し、毛根を活性化します。成長因子にはIGF、FGF、KGF、HGF、VEGFなどの種類があり、それぞれ働きが異なります。細胞増殖因子として毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化する働きをはじめ、血管新生作用で血流量を改善する働きなどがあります。

ただ、成長因子を使った成長因子を使用した薄毛治療は非常に高額です。1回あたり5~6万円以上かかり、3回から6回程度の治療が必要です。医療ローン等を使用することは可能ですが、かなりの負担になります。費用的に難しい方におすすめなのが育毛剤です。最近、成長因子を配合した育毛剤が登場しています。それがDeeper3Dやボストンスカルプエッセンスなどです。IGF、FGFなど、毛母細胞を活性化する成長因子を配合し、毛根の細胞に働きかけます。育毛剤についてより詳しく解説しているのがこちらです。

脱毛因子を阻害してM字ハゲ対策

男性ホルモンは2型5αリダクターゼの影響を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは男性ホルモンレセプターと結合し、脱毛因子「TGFβ」が生成されます。



M字ハゲの原因は脱毛因子「TGFβ」です。脱毛因子は毛母細胞の働きを弱らせ、脱毛を引き起こします。髪の毛のヘアサイクルは2年から6年程度ありますが、脱毛因子が発生すると、ヘアサイクルは短縮化し、産毛の割合が増えます。

脱毛因子の発生を抑えるには、2型5αリダクターゼを阻害し、男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化させないことです。

2型5αリダクターゼを阻害する成分にはフィナステリドがあります。フィナステリドはプロペシアに含まれています。5αリダクターゼを阻害する効果が強く、M字ハゲの改善を強力にサポートします。プロペシアは皮膚科や薄毛治療クリニックなどで処方されています。1錠250円程度です。

フィナステリドには数%の割合で性欲減退などの副作用があります。副作用が心配な場合はノコギリヤシ配合のサプリメント、キャピキシル配合の育毛剤などがおすすめです。フィナステリド程のDHT抑制作用はありませんが、副作用の心配はありません。

プロペシアを中心にノコギリヤシなどでDHTを抑制する事で、ヘアサイクルを改善します。さらに、成長因子やミノキシジル、育毛剤等を使用し、毛母細胞の活性化を促進するオフェンス対策で、M字ハゲの改善を促進します。

自毛植毛のメリット、デメリット



●自毛植毛のメリット
・治療が1回で済む
自毛植毛は自分の後頭部の毛包を薄毛部分に移植する治療法です。メスを使用するFUTと電動パンチを使用するFUEがありますが、どちらの治療も1度だけで終了します。治療薬や頭皮注射のように毎月来院する必要がありません。

自毛植毛に使用される後頭部の毛包には男性ホルモンレセプターがありません。そのため、AGA(男性型)の影響を受けることがないため、プロペシアなどを服用する必要がなく、性欲減退などの副作用の心配はありません。

●自毛植毛のデメリット
・価格が高い
自毛植毛の費用は治療薬などに比べると高額になります。自毛植毛で実績のあるアイランドタワークリニックや親和クリニックでは、基本治療費が20万円、1株あたり1,200円かかります。M字ハゲの治療で1,000グラフト(約2,700本)移植した場合は約150万円ほどかかります。

●ショックロスと呼ばれる症状
移植をした周りの毛髪が抜けてしまう「ショックロス」とよばれる症状があります。移植後に何らかの影響を受けて、周りの毛髪が一時的に休止期と呼ばれるヘアサイクルに入っているためと考えられています。

そして移植した毛包は、3ヶ月居ないに一度抜け落ちる事があります。これは移植した毛包がヘアサイクルの休止期に入るためです。それから4ヶ月から6ヶ月で再び成長期に戻ります。毛髪が整うまでには1年程度かかることがありますが、それ以降はヘアサイクルに従って、毛髪は成長します。

●移植時に頭皮に傷がつく。
メスを使った自毛植毛では、頭皮を帯状に切り取るため、術後の傷が残ります。極小の電動パンチでは細かい粒状の跡が残ります。どちらも後頭部の髪の毛がある程度伸びればわかりません。

「M字ハゲ育毛剤ランキング【薄毛、抜け毛に悩む方に。】」について
M字ハゲ育毛剤の種類は非常に増えています。最近では育毛剤とサプリがセットになったタイプが増えています。体の外側からだけでなく、内側からも働きかけることで、育毛をより促進するためです。M字ハゲ対策では、男性の抜け毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す5αリダクターゼを阻害する必要があります。5αリダクターゼを阻害する成分がはいった育毛剤、サプリには、ブブカ、チャップアップ、プランテル、フェルサなどがあります。これらの育毛剤を実際に使用した体験談、成分の解説、価格などを比較して紹介します。育毛剤ランキングではチャップアップとBUBKAが人気があります。注意点として、育毛剤は3ヶ月程度は使用しないと変化はわかりません。また効果には個人差もあります。日常生活を改善しつつ、育毛剤とサプリを併用することが、今一番おすすめの薄毛対策です。
ブブカ
育毛剤とサプリのセット。褐藻エキスM-034で毛包を活性。ノコギリヤシ、亜鉛を配合したサプリで育毛促進。
薬用プランテル
M字脱毛を改善する育毛剤。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制するヒオウギエキス、血行促進成分を配合。
育毛剤チャップアップ
無添加にこだわり血行を促進する育毛剤とノコギリヤシ、亜鉛を配合し抜け毛を予防するサプリがセットに。