トップページ >  薄毛対策の基礎知識 >  育毛剤の副作用

育毛剤の副作用について

薄毛に悩む人なら育毛剤の購入や使用を考えたことがあると思います。 しかし、育毛剤の成分の中には、男性ホルモンに働きかけたり、ヘアサイクルに影響を与えるような成分が含まれているものがあり、副作用を心配する人も多いです。ここでは育毛剤の副作用について紹介します。




・副作用に心配するなら、飲むタイプより頭皮に付けるタイプ。
育毛剤のほとんどは頭皮に直接付けてマッサージします。育毛に有効な成分を頭皮に浸透させるタイプですが、中には育毛サプリや内服薬などのように、飲むタイプの育毛剤もあります。

どちらの育毛剤も、効果が現れるまで時間がかかる他、効果を実感するためにはしばらくは続ける必要があります。また、頭皮から浸透させるタイプに比べ、内服するタイプのものは成分が血液を介して全身に行き渡ります。副作用が心配な人は頭皮に付けるタイプがおすすめです

また、同じ頭皮に付けるタイプの育毛剤でも、成分の効果が強ければ、副作用も強く現れてしまうことがあるため、副作用が心配だという人はできるだけ肌に影響を及ぼすような成分が少ない育毛剤を選ぶようにします。


・育毛剤の副作用の症状
育毛剤にはヘアサイクルを改善する働きがあります。そのため育毛剤を使用しても、すぐに健やかな髪質に変わるのではなく、少しずつ髪を健やかにしていく働きがあります。 そのため、育毛剤を使用しても抜け毛が止まらず、逆に薄毛や抜け毛になってしまう時期があります。

薄毛や抜け毛が一時的にひどくなっても、使用を止めずに続けることが大切です。効果がないと使用を中断してしまうと、今後の育毛効果が期待できません。初期脱毛はヘアサイクルの休止期にあたります。

成分の強い育毛剤を使用している人の中には、すぐ効果が出るだろうと勘違いをしている人も多いですが、ヘアサイクルによる初期脱毛は発生します。 逆効果になったと思う事もありますが、初期脱毛が収まらない間に使用を中止してしまう人がたくさんいますが、育毛剤は半年間は継続する事が推奨されています。

そのほか、ミノキシジルやプロペシアには様々な副作用が報告されています。血圧低下や性欲減退、体毛増加、皮膚のかぶれ、むくみ、頭痛などといった症状があります。このような症状が起きた場合には医師に相談するようにしてください。


・副作用の心配が少ない育毛剤もある
育毛剤の副作用が心配という人には、植物エキスや生薬などの天然成分を配合した育毛剤をお勧めします。天然の植物成分を中心に作られている育毛剤は、肌に優しく、刺激も穏やかなものが多いのが特徴です。中には男性ホルモンに働きかけたりして、抜け毛や薄毛の原因をブロックする働きを持つものもあります。

植物エキスの育毛剤は、医薬品のような強い成分ではないため、効果が穏やかです。 副作用の心配なく使えるという点では、ストレスを感じる事無く育毛剤を使用することができます。また頭皮の環境を改善し、フケやカユミなども抑えてくれます。

ブブカ
育毛剤とサプリのセット。褐藻エキスM-034で毛包を活性。ノコギリヤシ、亜鉛を配合したサプリで育毛促進。
薬用プランテル
M字脱毛を改善する育毛剤。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制するヒオウギエキス、血行促進成分を配合。
育毛剤チャップアップ
無添加にこだわり血行を促進する育毛剤とノコギリヤシ、亜鉛を配合し抜け毛を予防するサプリがセットに。
育毛剤の副作用の種類、症状などを紹介します。