IGF-1で毛根を活性化

人の体に存在するIGF-1(インスリン様成長因子)に注目した薄毛改善法です。 IGF-1は髪の毛の成長に欠かせない「毛母細胞」の分裂活動を活発にする作用があります。 IGF-1は年齢と共に減少しますが、それを食事で補う方法を岡嶋さんが発表されています。 それが唐辛子(カプサイシン)と大豆(イソフラボン)による薄毛対策法です。



唐辛子と味噌汁の組み合わせで「知覚神経を刺激」することでIGF-1を増やす事がわかりました。 辛いものは皮脂の分泌を活性化するため、余り勧められていませんでしたが、1日に小さじ2杯ほどの唐辛子を摂ることは問題ないようです。 イソフラボンは大豆類に豊富です。豆腐、豆乳、きな粉、味噌などです。 イソフラボンには女性ホルモンと似た働きでホルモンバランスを改善する働きをはじめ、血中コレステロール値の低下、髪の毛の元になる栄養分を補給する働きがあります。カプサイシンとイソフラボンの両方を摂ることでIGF-1の量が増加します。



IGF-1は毛母細胞だけでなく、血管拡張作用、コラーゲン増加、皮脂腺機能強化、NK細胞の活性化など体の老化を改善する働きをしてくれます。 IGF-1を増やす食品を他にもあります。鮭、ワサビ、ポリフェノールを含んだカカオ、ワイン、緑茶などです。アスタキサンチン、ポリフェノールには血行促進、抗酸化作用があり、髪の毛の成長に非常に有効です。 日々、知覚神経を刺激するような食事を摂ることがIGF-1を増やす為には欠かせません。意識的にこれらの食事を摂ることをおすすめします。
ブブカ
育毛剤とサプリのセット。褐藻エキスM-034で毛包を活性。ノコギリヤシ、亜鉛を配合したサプリで育毛促進。
薬用プランテル
M字脱毛を改善する育毛剤。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制するヒオウギエキス、血行促進成分を配合。
育毛剤チャップアップ
無添加にこだわり血行を促進する育毛剤とノコギリヤシ、亜鉛を配合し抜け毛を予防するサプリがセットに。
IGF-1(インスリン様成長因子)は毛根の細胞分裂を活性化する働きがあります。IGF-1を増やす食物などについて解説します。