自毛植毛でM字対策

自毛植毛とは後頭部の頭皮を薄毛部分に移植する治療です。自毛植毛にはメスを使ったFUTと、パンチを使うFUEがあります。ここでは自毛植毛の特徴、価格について解説します。



●FUT
FUTとはドナーストリップ法とも呼ばれ、メスを使った自毛植毛です。FUTは後頭部を帯状に採取します。両耳の上部あたりを帯状に結んだラインを採取します。切り取った後頭部のドナー部分を丁寧に縫い合わせます。頭皮の採取や縫い合わせ、傷跡は医師の技量も重要です。そのため、実績のあるクリニックを選ぶ事が重要です。

採取した後頭部の頭皮は株分けされます。株分けは一本毛、二本毛、三本毛に分けられます。それから薄毛の部分に穴あけを行い、ドナーを移植していきます。自毛植毛では移植した時の定着率、ドナーを採取するときの毛根の切断率が重要です。

●FUE
FUEはダイレクト法を言われる自毛植毛です。FUEではくり抜き用のパンチで頭皮をくり抜きます。FUEはメスを使わず、縫い合わせの必要がない移植法です。1ミリ以下のパンチで切り抜くため、白い水玉のような小さな傷跡が残ります。FUEは術後の痛みが少ないのですが、FUTに比べると切断率が若干高くなります。また、一度で多くの移植毛を得る事はできません。

自毛植毛の価格はFUTとFUEで異なります。自毛植毛は保険の適用はありません。FUTは1000株で100万円程度、FUEは1000株で150万円程度かかります(アイランドタワークリニック)。自毛植毛ではショックロスと呼ばれる一時的な脱毛が起こる事があります。植毛した部分の周りが休止期に入るために起こる脱毛です。ただ、6ヶ月で再び成長期に入り、髪の毛は生えてきます。
ブブカ
育毛剤とサプリのセット。褐藻エキスM-034で毛包を活性。ノコギリヤシ、亜鉛を配合したサプリで育毛促進。
薬用プランテル
M字脱毛を改善する育毛剤。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制するヒオウギエキス、血行促進成分を配合。
育毛剤チャップアップ
無添加にこだわり血行を促進する育毛剤とノコギリヤシ、亜鉛を配合し抜け毛を予防するサプリがセットに。
自毛植毛の費用、特徴、手法などについて。FUT、FUEなどの違いを紹介します